軽自動車の購入を検討中の方必見!購入前に押さえておきたいポイントを初心者向けに解説

軽自動車を購入する前に購入しようと思ってる車の維持費がどのくらいかかるかを計算しておくことです。
好きな車が見つかって購入しようと思っても、維持費が思った以上にかかるとすぐに車を手放すことになります。
維持費にはガソリン代、駐車場代、オイルなどの交換代、税金や車検代などがかかってきます。
その時にお金がなかったりすると、車検が切れたり、車を維持していくのができなくなってしまいますので、貯金がない時に車を購入するのはやめたほうがいいです。

軽自動車の購入を検討中の方必見!購入前に押さえておきたいポイントを初心者向けに解説

軽自動車を購入する初心者は、購入する前に維持費がどのくらいかを計算しておく必要があります。
せっかく購入しても、維持費がかかるからすぐに手放すと、買ったのが無駄になってしまいます。
どんな車にも維持費がかかることは当然のことです。
ガソリン代、駐車場代、オイル・タイヤなど交換、各種税金、車検代など維持費がかかります。
軽自動車は他の車よりも比較的維持費が安く済みます。
車を購入してからが大変なので貯金もしてないのに、車を購入することだけは避けてもらいたいです。

そもそも軽自動車とはどんな車?まずは定義を知っておこう!

軽自動車とは現在では660cc以下のエンジンを搭載し、また外形寸法も一定の範囲をはみ出さないことを条件とした自動車のことです。
この制約は日本だけのものであり、超小型自動車と言う位置づけもあることから国土の狭い日本の中で使いやすい自動車と言う位置づけで発展してきた独自の分野となっています。
軽自動車の特徴は小さなエンジンで日常生活に支障のない範囲で自由に走行をすることができる点にあり、様々な場所に移動することができると言うメリットがあります。
普通乗用車の場合には比較的ゆったりと乗ることができるものが多いのですが、軽自動車は決められた範疇の中でそのサイズは収められているため大人4人が乗車すると窮屈であったり、また運転の際の座席等にもあまり余裕がないと言うことが多いものです。
軽自動車の定義は基本的には決められたサイズの範囲で排気量が660cc以下と言う事ですが、その他には普通乗用車とあまり大きな違いはありません。
特に現在では内装も一般の乗用車並みになっており、従来に比べ排気量もボディーサイズも大きくなっていることから、ゆったりと乗ることができる車種も数多く登場しています。

軽自動車にはどのようなメリットがある?

軽自動車には様々な魅力がありますが、最大のメリットと言えるのが維持費の安さです。
自動車を所有する際の維持費としては車検料や自動車保険料、税金などが挙げられますが、これらの費用が普通自動車よりも安く設定されています。
加えて、車種にもよりますが軽自動車は車体が軽く排気量も小さいため、燃費も普通自動車よりも優れている傾向があり、ガソリン代も抑えられます。
車両自体の価格も普通自動車よりも安い傾向があるため、費用負担を抑えつつマイカーを持ちたいという方に向いていると言えるでしょう。
運転がしやすいのもメリットのひとつです。
軽自動車は普通自動車よりもサイズが小さいため、狭い道路や住宅街でも小回りが利きます。
狭いスペースでも駐車しやすいので、運転が苦手という方でも安心して乗れる車と言えます。
また、普通自動車を購入する場合、国土交通省への登録が必要ですが、軽自動車の場合は国土交通省への登録が不要です。
購入する際の手続きが簡略化されているので購入する際の手間が少なく、すぐに乗り始めることができます。

軽自動車の気になるデメリットとは?

国内ではメリットの多い軽自動車ですが、敢えてデメリットをあげてみるとボディに使われている金属の厚みが薄いことで錆が付きやすいことが該当しています。
特に後部の両サイドのフェンダー部分は錆が付きやすい場所になり、放置してしまうと後に穴が開いてしまうので、軽自動車を購入した方は、ガラス系コーティングを通販で購入し、1年に数回の塗布を行うことが解決策になります。
次にデメリットに感じる内容は、ボンネットの先端から運転席が近いことをあげることができ、追突事故を起こしてしまうと廃車になる可能性があるので、安全運転を心掛けることは必須です。
体の大きな方を事例にすると軽自動車は当然ながら車内が狭いものなので、窮屈に感じてしまうことは良くあることです。
体格が良く身長が180センチ以上の方の場合、運転席に座った際にステアリングをベストポジションにできないこともあげることができます。
昨今は軽自動車でもハイブリッド車や低燃費の車種が増えているので問題にならないことが多いのですが、旅行などで遠出をする際には燃料切れを起こす可能性があるので、ガソリンを給油するタイミングを確認しないとガス欠になります。

普通自動車よりも軽自動車が向いている人とは?

普通車よりも軽自動車が向いている人は、自動車にかけられるお金が少ない人や遠出をしない人、乗車人数が4人までに限られている人です。
住まいを郊外と仮定し、コンパクトカーと軽自動車の年間維持費を比較すると、前者が30万円ほど後者が22万円ほどになります。
1年間だと8万円の差ですが、10年だと80万円になります。
本体も普通車のほうが割高ですから、トータルコストには大きな開きが出ます。
この金額の差が大きく響く人は、安いほうを選ぶのが賢明でしょう。
最近の軽自動車は街乗りをした時に、ストレスを感じることが減りました。
直進安定性が増し、加速も鋭くなりました。
性能の差が出やすいのは高速道路やロングドライブです。
スピードが増すと操舵性の差が出ますし、騒音が疲労感につながります。
ですから頻繁に遠出をする人は、コンパクトカー以上に車にするのがおすすめです。
軽自動車には大人だと4人までしか乗れません。
大人5人以上を頻繁に乗せるならば違ったタイプの自動車にする必要があります。

軽自動車に関する情報サイト
軽自動車購入のポイント

軽自動車を購入する前に購入しようと思ってる車の維持費がどのくらいかかるかを計算しておくことです。 好きな車が見つかって購入しようと思っても、維持費が思った以上にかかるとすぐに車を手放すことになります。 維持費にはガソリン代、駐車場代、オイルなどの交換代、税金や車検代などがかかってきます。その時にお金がなかったりすると、車検が切れたり、車を維持していくのができなくなってしまいますので、貯金がない時に車を購入するのはやめたほうがいいです。

Search